挙式レポート(2020/3/28)

披露宴会場 ザ・ヴィラズ長崎
挙式スタイル 教会式
挙式日 2020/3/28
新郎・新婦 新郎(35)・新婦(27)

当日の挙式

挙式

ゲストがリラックスできる開放的な空間や美味しい食事、海外ゲストも安心できるおもてなしは理想通り

自然光が差し込む明るくアットホームなチャペルと、海とガーデンを望む開放的な披露宴会場に心惹かれたふたり。ゲストが満足するおもてなしも重視しており、試食した料理が美味しく、スタッフの感じのよさも決め手に。「国際結婚で英語の対応や、アメリカの風習を取り入れた結婚式ができることも重要な基準でした」。

挙式の内容・感想は?

ふたりが慕う牧師が導いてくれた挙式。ゲストも祈りの言葉や讃美歌に参加する本格的なセレモニーに感動

木の温もりとみずみずしい緑に包まれたナチュラルな雰囲気のチャペルで挙式。ふたりが通う教会の牧師による導きは、家族のつながりを感じるユニティキャンドルや讃美歌の歌唱、聖書の朗読など本格的でゲストから「感動した」との声も。「姪っ子のリングガールもかわいいと評判で、アットホームなムードがよかったです」。

披露宴・パーティの内容・感想は?

ウェルカムパーティからふたり色!新郎の生歌サプライズや姪の乾杯の音頭など、和やかなひと時を過ごした

ウェルカムパーティでは、お互いの故郷にちなんだテキサスバーガーと手まり寿司でおもてなし。入場はBGMがまさかの新郎の生歌で、ゲストもびっくり!乾杯は新郎の両親から譲り受けたグラスで行い、3歳の姪による挨拶も記憶に残った。「高砂ではなくみんなと同じ目線に。装花は低めに揃えて、話しやすいよう工夫しました」。

演出の内容・感想は?

念願のファーストダンスをゲストに見守ってもらった。テーブルラウンドは触れあい重視でフォトタイムに

再入場はアメリカの風習にならってロマンチックなファーストダンスを披露。ふたりが好きな映画の曲や、プリンセスをイメージしたドレスなど、憧れが叶って感無量!各卓でプチギフトを配りながら写真を撮る演出も、自然と会話が生まれて楽しい時間になった。「ラストはゲストが花道を作ってくれて会場が一体になりました」。

スタッフの対応・感想は?

海外からのオンライン参加など工夫をこらして全員が楽しめる一日を実現。スタッフの親身な対応に感謝!

こだわった料理は地元・長崎の野菜を取り入れたメニューを提供してもらい大満足。英語が流ちょうな司会者も手配でき、安心して過ごせた。「コロナウイルスの影響で来日できなかった新郎の家族とはオンラインで挙式も披露宴も見てもらえました。スタッフさんの気配りや成功させようという気持ちが伝わり嬉しかったです」。

これから花嫁になる人へアドバイス

式場見学はできるだけたくさん足を運んで。第一候補があれば、なるべく最後の方に見に行くのがベター

納得のいく式場選びをするために、複数か所を見学した方がいいとアドバイス。その際は、第一候補の式場を最後にすると他と比較ができ、見積もりの相談もしやすいのだとか。「結婚式はこうあるべき!という考えにとらわれなくてもいいと思います。私は手紙をやめて控室で両親にサンクスムービーを見てもらいました」と新婦。

BRIDAL FAIR
ブライダルフェア

オリジナルウェディング・少人数ウェディング・アウトドアウェディングなど
多数のスタイルのウェディングフェア開催しております。
会場見学・挙式体験・試食・衣装試着などお気軽にご参加下さい。

一覧を見る 一覧を見る

PAGETOP

フェア検索 見学予約 お電話